資料等

この文書は、モンテッソーリ教育法とインドの教育思想、特にガンジーの教育に対するアプローチとの関連性に焦点を当てています。また、この教育法がインドの教育システムに与えた影響についても考察しています。

モンテッソーリの教育方法は、ガンジーによってインドで採用され、彼の教育思想の発展に大きな影響を与えました。1937年には、モンテッソーリはインドを訪れ、ガンジーとの会合も行われました​​。ガンジーについては教育(OJT研修)でもやりましたが、モンテッソーリとの関連性には触れていないので、こちらを一読ください。


この論文では、教育の実践場での「わざ言語」の使用に焦点を当てています。これは科学言語や記述言語とは異なる独特の言語表現を意味し、ハーバード大学の教育哲学者V.A.ハワードによって定義されました。特に、技能の伝承と教授学習における「構成要素(Constituents)」と「到達状態(Achievements)」の区別が重要であり、これらの間には独特の言語表現が存在します。

この研究は、教育実践における「わざ言語」の役割を理解し、従来の「学び」観との違いを探ることを目的としています。わざの伝承における言語使用の独特さに注目し、その教育的な意味を探求しています。一読ください。


この文書は、熊本先生のインタビューと研究内容の紹介を軸に構成されています。二関節筋の研究歴史、筋力骨格系リンクモデル構築、人体四肢出力特性、筋の出力配分などが詳述されています。

二関節筋は、筋肉がどのように体の動きを支え、制御しているかを理解する上で重要な役割を果たしていることが明らかにされました。特に、筋肉の出力分布や制御メカニズムに関する新たな知見が提供されているので一読ください。


「牧田研究室」のウェブページは、ロボットが人間のように物を扱えるようにするための分析と計画に焦点が当てられています。

物の持ち方や操作方法の分析、ロボットの手先の動きの計画などが含まれます。

『手指の弾性特性の解明とスポーツ科学への応用』のところはとても参考になるので一読ください。


近年、産業工場や人間のようなサービスで働くロボットが期待されており、様々な形状、材質、質量、サイズの日常的な物体を扱うには、対象物の知覚と把持計画が重要だと言われています。

ロボットには手の自由度が低いなどのハードウェアの制限があるため、指定されたタスクを完遂することが困難な場合があります。この研究は、幾何学的制約を考慮したロボットによるケージング把持に焦点が当てられています。

上記の画像でも示しましたが、身体論を学ぶ上でロボット工学の研究は進んでいるのでとても参考になります。


この論文は、ロジェ・カイヨワの『遊びと人間』(1958年)における「スポーツ」に関する議論の概要を概説しています。

スポーツと遊戯が概念的に包摂関係にないことが確認され、また、スポーツが遊戯のカテゴリーである「アゴン」に分類されることは明らかであるが、スポーツが遊戯として行われる場合、それは「アゴン」に分類されると操作的に解されることが示されています。


この研究の面白いところは、保育者や教育者は、子どもたちの視線を集めて集団の凝集性を高めるなど、身体的な振る舞いが重要だと説いているところです!

身体技法の習得が、効果的なコミュニケーションと教育に欠かせないと考えられています​​。 身体(OJT研修)でもやった『斎藤孝』先生の考えと通じるところがあります。参考までに一読ください。


この論文では、現代社会や学校教育における「遊び」の質の変容について疑問が投げかけられており、アメリカの哲学者ジョン・デューイによって理論化された「遊び」の研究が基になっています。

ジョン・デューイが設立したシカゴ大学附属実験学校(デューイ・スクール)では、「一つの社会的な共同体としての学校」という考えを実践していました。この学校では、言葉や個人的な触れ合い、仕事や遊びを通じて教育が行われ、子どもたちは生活の基本的な活動を学んでいました。デューイは、子どもたちの自発的な活動、遊び、ゲームを教育的に利用し、子どもたちが相互に協力し合う社会的な活動を通じて価値ある知識を身につけさせようとしました​​。

デューイの理論を中心に、子どもの「遊び」と「仕事」が人間形成の「原初的経験」の基本として論究されています。デューイは「遊び」を「愚行」とは区別し、「仕事」とは異なる「苦役」と整理しています。遊びと仕事への過程は、自由な生命の根本リズムに迫る重要な役割を担っているとされ、現代において遊びの変容が本来の進化の過程を逆行していると指摘されています。

子どもたちは遊びを通じて生きることそのものを学び、原初的に経験することで「生きる力」が育まれるとされています​​。参考になるので一読ください。


この文書は、子どもの体力・運動能力の未発達に焦点を当て、幼児期からの身体活動の重要性が指摘されています。

特に、動作のぎこちなさや、自身の身体をうまくコントロールできないなどの基本的動作の未習得が問題視されており、運動能力が筋力や瞬発力のエネルギー系と調整力やコオーディネーション能力の情報系(神経系)に分けられることが示されています​​。

日本におけるコオーディネーション研究では、綿引がドイツのライプツィヒ学派のトレーニング科学研究に基づいたコオーディネーショントレーニングの研究を整理、翻訳し、その理論や方法、歴史をまとめています。一読ください。


この研究論文は大阪市内の私立保育所に通う幼児に限定して行われており、地域的な特性や他の環境要因の影響を完全には考慮できていない可能性がありますが、教育や保育の現場で、子どもの身体的な発達を促進するためのレッスンプログラムや活動の設計に役立てることができると思います。

また、保護者や保育者への指導においても、子どもの運動能力の発達を支えるための具体的なアドバイスやガイドラインの提供に利用できる可能性があると思います。


スポーツ活動において重要な視機能、スポーツビジョンに関する研究が、アメリカ合衆国や日本で進められています。

これまでの研究により、競技レベルが高い選手はスポーツビジョンの測定結果も優れていることが明らかにされており、競技力とスポーツビジョンの間に関係性があることが示されています。

ビジョントレーニングによる効果も認められ、現在では多くのスポーツチームや選手に実践されています​​。

この研究では、3次元映像を用いたビジョントレーニングがスポーツビジョンの向上に寄与し、特に競技レベルの未熟な段階での競技力向上に有用であることが示唆されています。


本研究は、特定の保育所の幼児に限定されているため、結果の一般化には注意が必要ですが下記、参考になると思います。

出生時の体格や乳児期の運動発達が幼児期の基礎的運動能力に及ぼす影響を階層的重回帰分析を用いて検討されています。

男児は出生時の体重や乳児期の運動発達が各運動能力によって異なる影響を及ぼすが、出生時の体重が大きいことや歩行の獲得が早いことが、年中または年長時の基礎的運動能力に促進的に作用する点は共通していました。

女児は、出生時の体重が大きいことが年中時の跳能力にのみ促進的に作用しました。

これにより、幼児期の基礎的運動能力において、年中時の走・投能力に対する歩行の獲得時期の影響には性差が認められ、男児にその影響が現れることが示唆されたと書かれています​​。


森重雄は、教育を近代社会の産物と捉え、教育と教育学に対する徹底した批判を行いました。

彼は教育をモダニティ・近代と同一視し、近代の「ディコンストラクション=解剖」を通じて教育を批判しました。森は教育が近代社会において特権的な位置を占め、権力やネイションといった要素と強く結びついていると主張しています。

森の議論は、現代教育の問題点を理解する上で重要な示唆を与えます。特に、教育が社会的、政治的要素とどのように関連しているかを理解するために役立つ可能性があると思われるので一読ください。


この研究は、学校におけるビジョントレーニングの実践と可能性に焦点を当て、特に発達支援とスポーツビジョントレーニングの観点から考察しています​​。

ビジョントレーニングは、視覚機能の発達を促すためのトレーニングであり、読み書きが苦手な子どもたちに特に有効です。このトレーニングは、球のコントロール能力、焦点合わせ機能、両目の協調機能、動体視力、立体視能力、奥行き認識能力、認知による表象機能などを向上させることを目的としています​​。

ビジョントレーニングの結果、読みの速さと正確さにおいて有意な効果が見られ、特に、学校内でのビジョントレーニングは、眼球運動だけでなく視機能や眼と手の協応を向上させ、読み書きの学習活動を円滑にする効果があることが示されたと記されています。



この研究は、学校の体育で用いられている疾走指導法(高膝と蹴り意識の走法)がスポーツ科学では間違いとされていることに基づいています。

また、この研究の目的は、自然な走法蹴る走法蹴らない走法(新しい指導法)の3つの異なる走法の効果を比較しています。

結果、蹴らない走法が他の方法よりも高いパフォーマンスを提供し、走者にかかる身体的負担が少ないことを示唆しています​​。


この研究は、読み書き障害を持つ小学校2年生の学習障害児に対して、認知プロフィール分析を活用した読み書き指導とビジョントレーニングの効果を検証したものです。

対象児は視覚・運動の協応力が強く、簡単な言語指示にも強い能力を示しています。フラッシュカードや具体物の操作を通じた活動を導入した結果、平仮名、カタカナ、漢字の音読や書取りが飛躍的に改善されています。

この研究のアプローチは、他の学習障害児への指導にも応用可能であり、特に視覚機能や眼球運動に問題がある児童への指導に有効であると考えられます。


この研究は、幼児の運動能力に影響を与える要因について深く掘り下げ、考察されています。特に、園環境、保育者の意識、家庭環境などが幼児の運動能力の発達にどのような影響を及ぼしているかについての分析が含まれており、一読するよう願います。


この論文は、教科教育学研究の学問的自立性の確保と教員養成の両立を目指した取り組みについて議論することを目的としています。岡山大学教職大学院の取り組みを例に、「研究と開発」を結び付ける重要性や、臨床研究としての「開発」の質的向上のための基礎研究の必要性について言及しています​​。

教科教育学研究と教師教育実践の両立は、「教員としての専門性」の高度化に寄与し、教科の専門家としての成長を促進することが期待されています。


この報告書は、JICAの教師教育協力の現状と課題について分析されています。

基礎教育分野の国際的目標「万人のための教育」(Education for All:EFA)があり、目標では、教育の質の向上、特に読み書き能力、計算能力、必要なライフスキルの面での改善が求められています。

JICAでは、基礎教育分野の重点分野のひとつとして教育の質の改善を掲げ、教員の増員や知識・技能の向上、教育方法の改善と普及などの支援を実施しています。しかし、これらの案件から得られた経験や教訓が体系的に蓄積されていないため、過去の案件形成や実施上の経験が十分に活用されていないという課題もあります​。一度、一読してください。


この研究は、日本においてリアリスティック教師教育を教員養成及び教員研修に導入する際の課題を探究し、その結果をまとめたものです​​。

リアリスティック教師教育は、オランダの教師教育実践を基に作られた教育方法で、近年、日本でも広く紹介されています。このアプローチは、教師(実習生)の経験を重視し、専門性を獲得する成長モデルを描いており、日本の教員養成課程の問題点に対して効果的に機能するとされています​​。一読ください。


古川選手のドリブル時の腕の位置、そこから生まれる身体のつながりはどの競技でも参考になるかと思います。要チェックです。


桐生選手の上半身上部のエネルギー、推進力わかりやすいと思います。


下記、ボルト選手の左手の親指の位置がココにくるにはどういう腕の振り方、手首の返し方になるか考えると、体幹の力の生み方がイメージしやすいと思います。


本書に掲載された一八本の論文は歴史、社会、文化、科学等の位相からスポーツの諸相を考察、分析している。
扱われているモチーフは様々であり、知の発火点も異なっている。しかし、それでも近現代という歴史軸、さらにはスポーツがなされる場である社会や科学をめぐり、それぞれの視点から診断と批判的考察が加えられている。[…]その意味で、本書は執筆者たちの共同的思考と経験の結晶とも言うべき成果であり、スポーツから発せられる様々な問いに応答するための、ささやかな手がかりを与えてくれるものと信じている。
「はしがき」より


東大合格者数41年間1位…開成が今「家でこれだけはやらせてほしい」と力説する”家庭教育”の中身

https://president.jp/articles/-/56350


東京大学 池谷裕二教授「やり始めないことには、やる気は出ない。」

https://togetter.com/li/1762001

「やる気」と「脳」の話を

手と足の感覚は、実は脳の中でつながっていた『脳障害による活動変化の広がりを見ることで常識を覆す発見、脳機能・疾患機序の理解へ前進』

https://www.qst.go.jp/site/press/20211021.html


パーパスモデル
パワポデータダウンロードできます。資料作り、整理にも使えるので是非試してみてください↓


社会に変化をつくる”共創”とはなにか?どう実現するのか?
https://note.com/kibiyurie/n/na3318711217b

パーパスモデルの見方・書き方とツールキットを公開します
https://note.com/kibiyurie/n/n3d980f126a55


イチローも警鐘を鳴らした…「大人に叱ってもらえない」Z世代が直面する「やさしさという残酷」

https://gendai.media/articles/-/119371?media=gb&fbclid=IwAR0k0xB9kJ3XR3lC1emK5tJDtJPzb4Iw6XzyUhCpBTaOlLsxN_w_df0hcu4


リチャード・リーヴス


武田信子氏
子どものやりたいようにやらせればいい、はホント?

https://note.com/nobukot/n/nffdf9012a434

子どもの側に、NOを大人たちに伝えて逃げる方法が身についていれば、免れることができる可能性が高まると考えるのである。それについては、下記の鳥栖の事件があった佐賀の佐賀新聞の

https://www.saga-s.co.jp/articles/-/1119265?fbclid=IwAR2Ab9hOp7rjXwy6SWLyxMzhC-tXN6dt3iUqGYLIpYtta8iBtO4GKt3mtSU


徳島大学 荒木秀夫氏

『運動神経』ってどんな神経?←「脊椎にある細胞が筋肉を支配しているのを運動神経というのが本来、学術的にははっきりしている」

https://news.ksb.co.jp/article/15026173


認知心理学者の佐伯胖先生と乳幼児教育研究家の井桁容子先生の対談。
保育における伝統的な方法からの脱却と、子どもの自然な成長と発達を支援する新しいアプローチの必要性を強調している内容。

https://note.com/hoikuacademy/n/n8521fd43faa1


師弟対談 杉本龍勇先生&岡崎慎司選手「一流選手を育てる体幹トレーニング」

https://soccermama.jp/559


この論文は、スポーツ科学の分野における「コツの自覚」に関する研究であり、特に運動学習におけるコツの自覚の重要性に焦点を当てています。主に、運動感覚意識とその自覚に関するモルフォロギー的観点からの考察が行われています。

スポーツや体育教育における技能習得の過程を理解するための重要な基盤を考えることができます。特に、運動学習における自覚的プロセスの理解が、教育やトレーニングの方法に影響を与える可能性があることが分かります。


本研究は、幼児期の基本的動作の種類と出現頻度を観察し、幼児期における動作の多様化と習熟の程度を把握することが目的とされています。

動きの多様化と洗練化は、幼児の身体活動や日常生活に依存しており、これらの発達段階を明確にすることが重要であると指摘されています。


幼児期の運動指導においては、遊びを通じた多様な基本的な動きの身につけ方が効果的であることが示されています。

幼児期の運動指導における「自由習得」と「指導による習得」のバランスの必要性が指摘挫れており、子どもが自然に遊びながら運動能力を身につける環境の整備が重要であると結論づけています。


S幼稚園年長児の自由遊び中の基本動作と体力・運動能力の関係

幼児が自由遊び中にどのような基本動作をするか、その種類や頻度を明らかにし、幼児の体力・運動能力テストとの関連を検討することを目的とした研究です。

体力・運動能力にどのように関連しているかが明らかにされています。これにより、幼児の運動能力向上のための実践的な支援策を提案するための基礎情報の一部になると思います。


この研究では、関節の柔軟性を増加させるために、通常のストレッチングと比べて強めのストレッチング(高強度ストレッチング)がどれだけ効果的かを調査してあります。4週間にわたり高強度ストレッチングを行った結果、通常のストレッチングよりも大きな柔軟性の向上が見られ、やや痛みを伴う程度の強めのストレッチングが、関節の動きや筋の柔軟性を高めるのに有効であることが示されています。

また、研究では「クロスエデュケーション」という現象にも着目されており、これは、一方の足だけをストレッチすると、反対側の足にも柔軟性が向上する現象です。高強度ストレッチングでは、ストレッチをしていない側の足の柔軟性も向上することが判明しました。この発見は、リハビリテーションやスポーツトレーニングにおいて、ストレッチの強度を適切に調節することの重要性が示唆されています。

https://www.nuhw-pt.jp/2022/01/-20220113.html


アイシングは肉離れなどの筋損傷後の再生を遅らせる

https://www.kobe-u.ac.jp/ja/news/article/2021_04_23_01/


高校時代は120キロ。大学生になってから155キロまで出す事ができるようになった「浅尾拓也選手」の記事になります↓


2023年4月にこども家庭庁の設立とこども基本法の施行がありました。

この法律は、子どもの基本的人権の保護、差別のない環境、子どもの意見の尊重、社会的活動への参加機会の保証を規定していると言われています。海外では子どもの意見を反映するために大規模な調査が行われており、日本もこれに倣って子どもの声を政策に反映するための調査を実施した形となっています。

回答者は親を通じて登録された子どもたちであり、親子関係が良好な家庭が多いと推察されます。また、虐待や体罰に関連する質問は倫理的な観点から除外されているので参考程度までに一読ください。


ブルーライトカット眼鏡の小児への使用に関して、科学的根拠に基づく慎重な意見を提供しています。特に、ブルーライトカット眼鏡が子供たちの目の健康に与える影響について、科学的な証拠と推奨事項を詳述しています。


赤ちゃんの手足の動きには意味がある!~筋情報の推定でわかった、発達を育む「感覚運動ワンダリング」~

https://www.i.u-tokyo.ac.jp/news/press/2022/202212272160.shtml


金子理論をベースに、器械運動や体操競技の指導における「コツ創発能力」の重要性について議論された資料です。参考までに!!


『スポーツ技術は、スポーツ運動学の創始者であるマイネルによれば、実践の中で発生し検証された方法であり、合理的かつ経済的な方法で高いスポーツの達成を目指すもの。』と言われています。

技術は体力要因を調節するためのものであり、適切な筋収縮の順序や大きさの調節が必要であるとされています​​。

今日のスポーツ運動学における技術認識の特徴に関して、金子の運動技術論が重要であり、技術概念を「こつ」との関係で捉えるようになっています​​。

コツとカンの変換同時性の原理を理解することで、スポーツ技術の指導やトレーニング方法に新たな洞察をもたらすことができると思うのでご一読願います。


この研究は、乳幼児の運動発生における動感身体知の獲得に焦点を当て、運動指導の問題点を探るとともに、乳幼児向けの新しい運動指導法が提案されています。

運動指導の効果的な方法として、新しい運動感覚理論に基づく「動ける身体」の学習方法が提示されています。従来の指導法を改め、学習者の動感(キネステーゼ)に焦点を当て、子どもたちに運動の喜びを感じさせることが強調され書かれています​​。

・模倣による運動の習得
・「偶発的分化」と「表象」に基づく習得
・模倣の心理学的側面
などです

異なる文化的背景を持つ乳幼児のデータが欠けている印象ですが、参考になる部分も多々あります。


「補装具支援におけるロボット工学の関わり」という研究論文です。

ロボット技術が補装具支援にどのように応用されているかについて述べられています。

この論文では、補装具支援におけるロボット技術の応用例に焦点が当てられています。

具体的には、電子制御義足、電動義手、歩行補助具、電動車いす、装具型ロボットなどの例が示されており、これらの技術の特徴やメリット、デメリットが詳述されているので一読してみてください。


歴史上、火の使用、活版印刷、蒸気機関などが社会に革命をもたらし、近年ではAI技術やロボット技術、医療技術の進歩が顕著です。これらの技術は、予測不可能な変化を社会にもたらす可能性があり、その影響は倫理的に許容できる範囲を超えることもあると記されています。

論文では、ピーター=ポール・フェルベークの「技術的媒介論」という技術哲学の枠組みを基に、「技術に同行する倫理学」という新しい技術倫理学の枠組みが探求されています。

直接的にはasobi+スポーツに関係ありませんが面白いので興味あれば是非、一読してみてください。


本論文では、遊びをより良く理解するための新しい理論的枠組みが提案された内容となっています。遊びの本質としての「面白さ」に焦点を当て、過去の理論や概念を分析し、遊びの本質に関する新しい視点が提示されています​。

遊びの本質は「面白さ」にあるとされており、これは個人が感じる情報負荷の程度に関連していると記されています。

適度な情報負荷が与えられるときに「面白さ」は最大化されるという理論が提示されており、M. J. Ellisの最適覚醒理論やM.Csikszentmihalyiのフロー理論に基づいています​​。一読ください。


二関節筋のユニークな機能特性が筋電図運動学的解析と制御工学的解析によって明らかにされています。二関節筋のユニークな制御特性を活用する臨床応用は、今後のリハビリテーション医学療法に光を当てるかもしれないと言われています。

この研究論文の中に、肘や膝にモーターが付いていないこと!二の腕にある力こぶが二関節筋であることが指摘されており、現在のリハビリテーションや整形外科の教科書や参考書で二関節筋を考慮に入れていない現状について説明されています。

二関節筋は生理学、解剖学、バイオメカニクス、生体工学などの学問領域における基本計算座標として重要であるとされているので一度目を通すようにしておいてください。


近年、スポーツや武道、音楽演奏などの分野で、このような知識の研究が注目を集めています​​。

研究では、熟達、自動化、アフォーダンス、Dynamical Systems Theoryなどの概念を用いて、身体知の獲得における言語化の役割を理論的に分析している事が書かれています。

理論的な概念や実証実験に依存しており、異なる文脈や状況での一般化には注意が必要な面はありますが、暗黙知や身体知を持つ分野での指導や練習に対して、メタ認知的言語化を取り入れることで、より効果的な学習プロセスが実現できる可能性があると感じる事が出来ると思います。


この論文は、南部アフリカ狩猟採集民グイとガナでの30年以上にわたる調査に基づいて書かれています。

民族誌記述の戦略として、口頭言語を身ぶりとして捉え、語りの表情を明らかにすることに焦点が当てられており、これには、親族呼称の使用、グイに特有なハビトゥスと身体性、語り手の身ぶりによる儀礼の本質の象徴化、複数の語りの相互参照、話体の相互行為の構造などが含まれています​​。

この研究は、民族誌的方法論の理解を深め、異なる文化や社会の複雑な相互作用を理解するために参考になると思います。


この論文では、スポーツにおける身体技の学習と指導に関する新しい視点を提示しています。身体的メタ認知という概念を導入し、アスリートが自身の身体感覚を内部的に観察し、それを言語化することで、より効果的に身体技を習得し、指導する方法を探求しています。

従来の身体技の指導方法は、主に師匠や指導者が技の見本を示し、弟子が模倣する形式が一般的でした。しかし、この方法では、アスリートが自身の身体感覚や内部状態を深く理解し、それを自己の技術向上に活かすことが困難であると指摘され書かれています。

身体的メタ認知に基づく指導方法がすべてのスポーツやすべてのアスリートに等しく効果的であるとは限らない点が挙げられますが、身体的メタ認知に基づく指導法は、スポーツの分野におけるパフォーマンス向上だけでなく、ダンスや芸術の分野でも応用可能だと思われる内容です!


「身体資源」とは何か​​!?

この特集は、身体を「資源」として捉える視点から始まります​​。具体的な内容や目的は直接的に示されていませんが、身体の資源としての側面を探求し、その理論的な枠組みを検討していることが伺える内容です。


第18回 体性感覚に向き合えば世界の見方が変わる
体性感覚とは、触覚や圧覚といった表面知覚、筋肉や腱が動くことに伴う自己受容感覚や振動覚、内臓感覚などからなる総称である。簡単に「体感」とか「身体感覚」と呼ばれるものと捉えて齟齬はない。姿勢良く首筋がすっと伸びているときには、身体に一本の筋が通り、頭も冴えわたっているように感じるものだ。そういう文章で表現される身体感覚のことを指す。自分の主張を。。etc.

https://metacog.jp/suwatch/article18.php


この研究論文は、スラップスケートの力学的および解剖学的利点に焦点が当てられています。

力学的利点に関しては、踵が挙がった状態でもブレードが氷に接触し続けるため、従来のスケートよりも氷への力の作用時間が長くなることが指摘されており、解剖学的利点に関しては、スラップスケートにより足底屈運動が可能になり、股関節からスケートブレードまでのパワーの流れが足首で抑制されなくなることが述べられています。

『一本歯下駄』で参考になります。


競技レベルが高い選手では膝関節の伸展時間が短く、Stretch-shortening cycle(SSC)を積極的に活用していることが明らかになったと書いてあります。

この研究では股関節の屈曲・伸展動作を詳細に分析していないため、股関節の動きが膝関節の屈曲伸展に及ぼす影響についての考察が限定的ではありますが面白いと思うので一読ください。


筋骨格構造を持つロボットは、跳躍運動やドア操作、物体認識において、人間の身体構造と類似した適応性を示した。特に、筋骨格の弾性と柔軟性が動作の効率性や適応性に寄与していることが観察されたという点がとても面白いと思います。何か気づいた点があったらレポートで提出してください。


サイコロジカル・ファーストエイド(PFA)は、災害やテロ直後に子ども、思春期の人、大人、家族に対して実施できる心理的支援の方法です。トラウマによる初期の苦痛を軽減し、適応機能と対処行動を促進することを目的としています。この手法は、トラウマのリスクと回復に関する研究結果に合致し、災害現場に適用可能で、生涯発達の各段階に適切で、文化的配慮を含む柔軟な使用が可能です​​。
次回のMTで使用しますので、一読ください。


この論文では、歴史のトラウマ、特に南京大虐殺をテーマとしたワークショップの報告としています。

研究では、Healing the Wounds of History (HWH)の方法論を採用し、6つのステップで構成される和解プロセスを進行させられています。どのようなプロセスで進行したか否か確認願います。


保育における幼児の体力向上に資する運動プログラムの考案として、ライントレーニングによる運動指導&援助の効果が書かれています。

本研究は3つの段階で行われています。まず、文献調査により幼児の体力向上を目指した運動プログラムの先行研究を分析し、その実践内容や効果について比較・検討がされています。次に、実地調査を通じて保育中の幼児の運動経験(歩数、動作回数、動作種類数)を分析し、性別や運動能力による差異を検討し、最後に、これらの調査から得られた結果を基にして、保育現場で利便性と実用性に優れた「ライントレーニング」という運動プログラムを考案し、5歳児を対象に実践され成就度と効果の検証がなされています​​。

未就学児のトレーニングの参考までに!


この研究は、新学習指導要領で求められる思考力・判断力・表現力を育む手法として、ルーブリックを活用したパフォーマンス評価の実践に焦点を当てています。

ルーブリックは、特定の課題に必要な事項を配置し、各構成要素ごとに評価基準を設定するツールです。これは、自身が学ぶべき内容や目指すべき方向性を明確にし、目に見えない学力を可視化する評価方法として注目されています。ルーブリックの活用は、学習者の自己評価を促し、学習過程における成果や課題の把握に役立つと言われています。

自己評価を行うことで、主体的な学習態度の育成や、実践的なスキルの向上に役立つと考えられ、また、リーダーシップや協調性などの社会性の育成にも寄与する可能性があるとも言われています。さらに、保育や教育分野における実習や行事などの実践的な活動での活用も期待されていると言われている為、一読ください。


この研究は、保護者が幼児の感性や個性に気づき、子どもの理解を深めるために、保育園で実施された親子ワークショップの効果を考察しています。

ワークショップ内では、「シティーブロックス」と呼ばれるシンプルな形状の積み木が使用されており、子どもたちがこれらのブロックを使って初めて遊ぶ様子を観察し、保育者や保護者が子どもたちの多様な感性や個性に気づく機会が書かれています。


幼児期のコオーディネーション研究の動向、特に定位能力と分化能力の重要性について言及されています​​。

研究1では、投動作に関する発達的特性が提示されています​​。
研究2では、運動遊び実施種目の割合や、遊具・ボール遊びと定位能力・分化能力との関係が考察されています​​。
研究3では、性別と各テスト項目の比較グループに対する測定値の変化、年齢による影響などが結果として示されています​​。

運動遊びの介入がコオーディネーション能力の発達に与える効果に関する考察が示されている文章です!一読ください。


asobi+スポーツとは対極にある高齢者施設ケアに関しての研究ではありますが、参考までに一読ください。

オーストラリアでは「Aging in Place」(自宅での生活)の基本理念があり、病態やADLの変化があっても移住を繰り返さないという方針があります。

一方、日本では病態やADLの変化に応じて施設移動が一般的です。オーストラリアでは1985年に高齢者の在宅ケアプログラム「Home and Community Care Program」が策定されました​​。

この研究から、高齢者ケアの方針やシステムを改善するための参考になる可能性があります。特に、在宅ケアの推進や公的財源の効率的な配分についての示唆が得られます。


身体(OJT研修)でも取り扱いましたが、より詳細に書かれています。

日本では、長い間、労働中に幼児を背中におんぶしてきましたが、このおんぶ具についての詳細な研究はほとんど行われていませんでした。この研究は、出雲の「子負帯」と天草の「もっこ」を事例に、おんぶ具の変遷を調査しています​​。一読ください。


「子どものからだと心 白書2019」に書かれていた記事になります。

タイトル: 歩かない子どもは退化する

歩かない子どもが学力や生活技能の面で退化しているという問題を取り上げています。特に、車での送迎に依存する子どもたちが多い地域での調査を基にして、歩くことの重要性を強調しています。

調査結果によると、徒歩通学する子どもたちの方が、体温が高く、学力も高い傾向にありました。また、徒歩通学を始めることで、以前は学力が低かった子どもたちの成績が向上した事例も報告されています。


ヨハン・ホイジンガの「ホモ・ルーデンス」に基づいて、遊びと祭祀の同質性と、それらが日常空間とどのように関連しているかを検証することを目的として書かれています。

また、ホイジンガの理論を用いて、遊びと祭祀の類似点と差異を探り、それらが日常空間とどのように異なるかを論じています。また、日本国内の具体的な事例(東京ディズニーランド、明治神宮、新宿駅)を用いて、これらの空間の特徴を比較しているところが面白いところです!是非一度、一読ください。


この論文は、小学校の体育科教育における「遊び」の定義と、その実践における有効性と可能性が探究されています。

本研究では、文化史、社会学、哲学、歴史、現象学、スポーツの各観点から「遊び」についての先駆的な研究を整理し、その本質を明らかにすることが目指されており、さらに、これらの定義を基に、「遊び」の概念を体育授業にどのように活用できるか検討された内容となっています。一読ください。


この論文は、教育人間学的な観点から先行研究を検討し、ジョン・デューイの教育哲学を用いて子どもの「遊び」を分析しています。

子どもの「遊び」が教育および人間の生にどのように影響を与えるかが探求されており、特に、幼少年期の教育における「遊び」の重要性に焦点が当てられています。

これは、遊びが人間の体験や生のリズムと密接に関連しているという観点から探求されています。

主要なキーワードには
・遊び
・遊ぶ主体
・経験
・生命のリズム
・仕事
・発達段階
・生きる力
・デューイ・スクール
・コミュニケーション
・なすことによって学ぶ
・原初的経験
・遊戯性
・『遊び』から『仕事』への連続的過程
などが挙げられています!

論文は主にデューイの理論と実践に焦点を当てており、他の理論や実践についての詳細な分析が欠けてはいますが、参考になるので一読ください。


中学校1年生134名を対象に、コーディネーショントレーニングを含む8時間のバスケットボールの授業を実施した研究となっており、asobi+スポーツでも、運動指導の方法論として応用可能であり、特に運動が苦手な子どもたちの運動能力向上や、運動への関心を引き出すための方法として有効であると考えられるので一読ください。


近年の子どもの体力低下についての議論が存在し、特に小学生の運動能力に関する問題が指摘されている。

この研究は、子どもたちの「行動体力」ではなく「防衛体力」、つまり自律神経系、免疫系、ホルモン系などの体力が低下していると分析されている。

また、敏捷性、平衡性、巧緻性など、自分の身体を巧みにコントロールする能力、いわゆる調整力にも焦点が当てられている。


子どもの運動能力低下問題に対処するため、「チャレンジ運動教室」を開催し、7年間の取り組みを通して子どもの体力・運動能力向上の方法を考察した内容となっています。また、資料の中のトレーニングメニューも参考になるので一読ください。


素足での生活が児童の足の接地面積や直立時の安定性に与える影響を6年間にわたり調査したものです。特に、素足と靴を履いた状態の比較を行い、素足生活が足の内側の弓や足の角度の発達に有効であること、重心の位置が年齢と共に前方にシフトする傾向があること、そして素足生活が子どもたちの立ち姿勢の安定性を向上させる可能性があることを示唆しています​​。

asobi+スポーツで行っている「足育」との共通点もあるので一読ください。


コーディネーショントレーニングを「体づくり運動」として取り入れることが体力の向上につながることが研究から明らかになっています!


コオーディネーショントレーニングは、単に運動スキルを高めるだけでなく、運動学習能力も強化します。これは神経系トレーニングとしての機能を持ち、スポーツ選手の運動制御と行動制御に影響を与えることが示されていると書かれています。


注視して待つのとタイミングを合わせるのは同じ課題でも脳の働く部位が異なることが示唆されている。


この論文の目的は、ミシェル・フーコーの身体概念を明確にし、その理論的重要性を探ることにあります。

フーコーは、身体が様々な権力を通じて変化していくという考えを展開しました。中世、近世、近代を通じて、身体が「肉体」「臣民」「生命」として、それぞれ異なる権力の形態によって形作られてきたと指摘されています。

フーコーは、身体が権力関係によって形成されると述べています。

彼の権力観では、権力は力関係として定義され、その結果として身体は権力の様々な形態によって形作られます。身体は、関係づけられる力として、その性質が可変的であることを示しています。一読ください。


このシンポジウム報告書は日本とイギリスの研究者が対話する形式で進められています。

教育者や学習支援者、教育政策立案者にとって、高等教育および生涯学習における教育のあり方についての新たな理解やアプローチを提供する可能性があると思われるので一読ください。


コオーディネーショントレーニングは、運動能力の向上だけでなく、児童の関心・意欲の向上にも寄与したと書かれています。

また、特定の運動種目や体力要素の向上に限定されず、潜在的な能力を動かし、動きの多様性にアプローチする結果として表れている点も参考になります。一読ください。



本研究では、健康な子供290名(5~18歳)の脳の磁気共鳴画像(MRI)を用いて、睡眠時間と海馬の体積との関連が分析されています。

平日の睡眠時間が海馬の灰白質体積と正の相関を示されています。特に、両側の海馬体の灰白質体積が、年齢、性別、頭蓋内体積を調整した後に睡眠時間と正の相関関係にあることが分かりました。


このツールキットは、エリートアスリートのメンタルヘルスに特化しており、さまざまな専門家による貢献とIOC(国際オリンピック委員会)のガイダンスに基づいて作成されています。エリートアスリートのメンタルヘルスに関する認識を高め、それに対処するための具体的な手段を提供することを目的としています​​。一読ください。


この文書にはアブストラクトのセクションが特定されていませんが、全体的な目的として、健康づくりにおける睡眠の重要性と、さまざまな年代とライフステージにおける睡眠指針の提供が挙げられています。一読ください。


この研究は、大学女子バレーボール選手を対象に、ビジョントレーニングの効果を検証したものです。具体的には、視機能の向上と試合でのパフォーマンスの改善を目的としています。

ビジョントレーニングを受けた選手は、視機能のいくつかの面で改善を見せました。特に、動体視力(KVAおよびDVA)での改善が顕著だと記されています。


スポーツビジョンは、「スポーツと視覚および視覚器に関する研究」であり、測定・評価、矯正、トレーニング、保護の4つの側面から構成されています。

視力測定や視機能矯正は眼科医や視能訓練士の領域であり、スポーツ選手の約60%が視力1.0未満であることが示されているところには驚かされます!

スポーツ選手のパフォーマンスと視覚能力の関連性に焦点を当てた研究で、スポーツにおいて視力や視覚能力が重要であり、特にボールゲーム(球技関係)では視覚とパフォーマンスの関連が高いと記されています。


この研究では、読み書き障害を持つ小学校2年生の学習障害児に対してアセスメント検査を行い、プロフィール分析が実施されています。

その結果、対象児は「視覚-運動の協応及び全体の関係(統合)」「簡単な言語指示」が強い能力であることが明らかになりました。そこで、読み書き指導に平仮名やカタカナのフラッシュカードを利用したり、具体物の操作を通した活動を導入し、さらにビジョントレーニングを組み合わせたところ、読み書き能力が飛躍的に改善しました。この研究では、学習障害児の認知特性を活かした長所活用型指導が効果的であることを考察しています​​。

言葉の正確で素早い読みから流暢性や読解につなげる多層指導モデルや、子どもの認知能力のプロフィール分析結果を活かした長所活用型指導に関しても書かれているので一読ください。


この研究は、公立小中学校でのビジョントレーニングの効果を検証し、模写や視覚認知の成績向上が見られたことを報告しています。ビジョントレーニングは特別支援教育においても期待されています。

トレーニング内容には追従性眼球運動、跳躍性眼球運動、輻輳眼球運動などが含まれていました。効果の測定は模写テストと視覚認知テストを用いて行われています。参考になると思うので一読ください。


この研究は主に文献調査に基づいており、実際の教育現場での実証的な研究には欠けるところがありますが、早期教育の歴史や実態、および世界における早期教育の位置づけについて、文献調査と比較研究を行っている点は参考になると思うので一読ください。


この報告書は国立教育政策研究所のプロジェクト研究「幼児期からの育ち・学びとプロセスの質に関する研究」の成果をまとめたものです。幼児期に受けた教育がその後の生涯にわたって人生に影響を与えること、特に幼児期に育まれる社会情緒的スキルがその影響の原因であると示唆されています​​。

第1部では、社会情緒的スキルに関する最近の研究進展を整理し、家庭や幼児教育・保育などの環境が子供の社会情緒的発達にどのように影響するかについての研究動向が示されており、

第2部では、2000名を超える3歳児を対象に、7歳児(小学校2年生)になるまで毎年、保護者と担任の保育者や教師による子供の学びや育ちに関する質問紙調査を行っています。この調査は、社会情緒的スキルと認知的スキルの相互関係や、保育年数や保育実践の質、管理職のリーダーシップ、幼保小連携の状況、新型コロナウイルスへの対応などについても尋ねています​​。

第3部では、検査結果と質問紙調査結果との関連から興味深い示唆が得られていますので一読ください。


教育再生実行会議によって、将来的に人工知能が人間のパートナーになる時代を前提とした教育の提言がされています。これには、「アクティブ・ラーニング」の推進が含まれており、東京学芸大学もその推進を明記しています​​。

文書では、京都造形芸術大学の例が挙げられており、マンディプロジェクトという教育改革プロジェクトを通じて学生が創造的なデザインを学ぶ実例が紹介されています。この改革は、「人間力をつけさせる」ことを目的としています​​。←これに関して2000文字以内でレポートの提出をお願いします。


はだし教育の目標の一つは、直接測定が難しいアーチの高さの発達を促すことです。足跡画像が主にアーチの高さを推定するために使用されていますが、この方法には限界があります。

土踏まずの観察は、足アーチの間接的な観測です。足アーチは、多くの足根骨と中足骨の関節を靱帯が保持することで形成されます。

はだし教育は足アーチの発達を促進するとされ、その効果が検討されています。ただし、はだし教育が一般的な運動能力に明確な影響を与えるとは報告されていませんが、はだし教育を実施することで、特に土踏まずの形成率が高まる可能性があり、また、足の趾の活動によって足幅が広がる傾向もあります。

一本歯下駄の参考資料として一読ください。


スポーツ科学における「主観」と「客観」の観点から、スーパーパフォーマンスが筋肉のパワーだけではなく、筋と腱の相互作用によるものであるという点が強調されています。

筋と腱の研究は1995年頃から始まり、腱の弾性特性の定量化に向けた実験が行われてきました。

筋と腱の相互作用は高いパフォーマンスを可能にし、筋がエンジンとして力を出し、腱がバネとして速度を生むことで、力とスピードの両方が高いパフォーマンスに貢献していることが示されています。また、等尺性収縮において筋線維が短縮する「インターナルショートニング」現象が確認され、これが人間の生体で初めて報告されたことが記されています。一読ください。


この文書は、跳動作のバイオメカニクスに関する詳細な説明が提供されており、スポーツの文脈での跳動作の種類、キネマティクスとキネティクス、およびそれらの生理学に焦点が当てられています。

スポーツにおける跳動作は多様で、それぞれに特有の動きや技術が存在しますが、この文書は、特に垂直跳びと走り幅跳びのバイオメカニクスに重点を置いて記されています。

筋肉と腱の役割、筋腱複合体の働きが重要である事が確認できるので一読ください。


自然な人間の動作において伸張-短縮サイクル(SSC)中の筋-腱複合体(MTC)の挙動について広範囲にわたり研究が行われており、SSCは、筋やそれに付着する腱などの身体運動が筋収縮によって関節の回転運動を引き起こすことにより生じるものです。

走る、跳ぶ、投げるなどのダイナミックな動作は「反動」によって支えられています!


この手引きは、学校における危機時に生徒、家族、教職員、学校関係者を支援するための介入モデル「サイコロジカル・ファーストエイド学校版(PFA-S)」に関するもので、その実施方法や目的、対象者などについて詳しく説明されています。

災害や非常事態に対応可能な最新の危機管理計画が学校は勿論のこと、私たちスクール運営者にも必要だと感じているので一読願います。


この研究は、スクワット動作における筋協調制御モデルの臨床応用を探求しています。特に、下肢の股関節と膝関節の動きに関与する筋肉の協調制御を3対6筋のモデルで分析されています。

様々なパターンの出力特性のスクワット動作が行われ旨が記されています。また、関節トルクでは表現しにくい四肢先端からの出力方向制御が可能であることも示されています。一読ください。


遊びは子どもの生活に密接に関連していますが、その真の意味や本質については不明確な点が多いと指摘されています。

遊びの概念についての哲学的な考察が行われ、フレーベルやシラー、スペンサー、グロース、ホールなどの理論が引用されています。遊びの本質を探るために、事実の分析と遊びに不可欠な要素の考察が重要であると記されています。

遊びの本質については、楽しみであり、満足を伴う活動であること、自発的で自由であること、活動自体が目的であることが指摘されており、これらの要素が遊びを定義する基準とされています​​。一読ください。


幼稚園や保育園の教育・保育課程の設計に役立てることができる資料です。特に、子どもたちの健康と体力の向上、自発的な活動への意欲の促進、社会性や認知発達の支援に焦点を当てたプログラムの開発に貢献する可能性もあると思います。

asobi+スポーツの未就学児に対するトレーニングメニュー考案の際に参考になると思うので一読ください。


小学校1年生の不器用さや姿勢の維持ができない児童が多い現状に着目し、人物画発達と姿勢の維持に関連する調査が行われた内容となっています。

近年の小学校1年生における描画の未熟さや姿勢の維持ができない児童の増加が指摘されており、これに対し、インフォーマルアセスメントの重要性が増しており、特にソフトサイン(Soft Neurological Signs; SNS)の利用が提案されている。

しかし、実際の教室や学校での指導や支援はまだ十分ではなく、エビデンスに基づいた指導・支援の必要性が指摘されている。一読ください。


個々の運動経験や感覚をどのように社会的、教育的な文脈で活用し、共有するかに焦点が当てられ記されています。

運動学の領域における新しい理論や実践方法を提案しており、運動指導者や教育者にとって重要な参考資料となり得ますので一読ください。


日本の伝統芸能である能楽の身体技法に焦点が当てられており、特に「すり足」という技法に着目し、この技法が現代人の歩き方や身体のあり方に与える影響が探求されています。

能楽の身体技法の理解を深めることで、身体表現の教育や身体の使い方の指導に応用可能だと思うので一読ください。


この論文は竹内敏晴が遺した「竹内レッスン」から、スタニスラフスキーの「身体的行動」に焦点を当て、演技訓練的な立場からその内容を明らかにすることを目的とし記されている内容です。

参考までに一読ください。


演出家竹内敏晴(1925-2009)の身体観・人間観について考察するもので、彼の著作および「竹内レッスン」の実践を資料として記されたものとなっています。参考までに一読ください。


家庭から公的な世界へと橋を渡ることについての問題を探求しています。

20世紀初頭、アメリカ社会が農業社会から工業社会へと移行する中で、家庭が担っていた伝統的な教育機能が破壊され、学校がこれを担うべきだとデューイが主張しました。

家庭から外へ出た男女によって、家庭内の子どもたちがどのようにしているのか、という問題が提起され記されています。

現代の教育システムの課題と可能性について深く洞察されています。次回のミーティングで議論しますのでこの資料と書籍を一読ください。


この研究は、中世の狂言から舞踊史における言語的な側面の重要性、能における言語と舞踊の融合、そして「幽玄」という概念がどのように能の表現と結びついているかを探求し記されています。

能における言語と身体の関係性は複雑であり、言語の面と舞踊の面が互いに高いレベルで拮抗し合いながらも、総合的な美学を生み出していることが示されており、また、「幽玄」という美意識が能の表現に深く根ざしており、その理解が能の本質を解き明かす鍵であることが示唆されています。面白いので一読ください。


この論文の目的は、体育の独自性として自明視されている「身体性」「運動(実践)」「実践性」に焦点を当て、それらを再考することにより体育論構築のための基本的論点を明確にすることだと記されています。

体育とはどのような教育領域であるのか?という基本的な問いに基づき、体育を再考する試みがこの論文の出発点となっています。一読ください。


能とは室町時代に大成された芸能で、江戸時代には武士のための芸能となり、西洋化の流れの中で一度衰退したものの、その後盛り返しました。能の一形態である『夢玄能』に焦点を当て、日本人の死生観との関連性を探り、それが記されています。面白いと思うので一読ください。


身体の現象学という理論的枠組みを用いて、「わかる」という行為の多層性が探求された資料です。


竹内俊晴の哲学と実践に基づく考察で、身体の行為の重要性やその可能性について探求されています。

人間の身体の行動が持つ不思議さや神秘性についても述べられており、参考になる部分があるので一読ください。


論文では、子どもたちが直面する様々な心理的・行動的課題を克服するための具体的な野外活動や療法について述べられています。

これには、自然環境での体験、心理教育、感情調節、社会性の育成などが含まれており、参考になるので一読願います。


子どもたちが自然の中で様々な活動に参加し、自然との関わりを通じて学ぶ様子が示されています。

例えば、枝打ちや泥遊びなどの活動が行われており、自然環境に隣接するフィールドでの活動が行われています​​。一読ください。


「コツ」と「カン」という概念が日常生活やスポーツ運動においてどのように機能するかが探求されています。

これらの概念は日本文化に深く根ざしており、日本人にとっては馴染み深いものです。

コツとカンの理解は、スポーツ運動学だけでなく、教育、心理学、さらには芸術の分野にも応用可能であると思うので、一読ください。


本研究は、ケニアのエリート陸上中長距離選手の顕著な国際大会での成功を背景に、彼らの下腿骨格・筋腱形態の特徴と、それらが彼らの走能力にどのように関連しているかを探求することを目的として記されています。

研究結果は、エリートケニア人選手が長いアキレス腱とモーメントアーム、短い内側腓腹筋の筋束を持っていることが示されています。

しかし、一般のケニア人陸上中長距離選手や一般成人男性と比較しても、これらの特徴に有意な違いは見られませんでした。また、ケニア人と日本人の発育段階における下腿の形態を比較した結果、ケニア人はすべての発育段階でアキレス腱が長く、内側腓腹筋の筋束が短いことが明らかになったと記されています。一読ください。

また余談ですが、日本の陸上関係のバイオメカニクスの研究は世界的にみても優れています。陸上関係の資料は参考になるものが多いので色々と深堀りしてみてください。


アリストテレスの感覚に関する理論、特に「共通感覚」の概念に焦点が当てられています。

アリストテレスは、個々の固有感覚(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)が、運動、静止、形、大きさ、数などの属性を付帯的に知覚すると述べていますが、これらはむしろ共通感覚によって自体的に知覚されると論じています。一読ください。


内容は、幾何学とは何か、ユークリッド幾何と非ユークリッド幾何の違い、幾何学と相対性理論の関係、特殊相対性理論の速習、ミンコフスキー空間、ローレンツ変換、ミンコフスキー幾何の新たな特徴づけ、ユークリッド幾何とミンコフスキー幾何の関係について説明されています。

また、付録としてローレンツ変換、E=mc^2に関する補足、回転の表現式の証明、内積と幾何構造についても触れられていて面白いと思うので是非参考までに一読ください。


中・長距離陸上競技におけるバイオメカニクス、走運動時の神経活動と筋腱の動態、ランニングエコノミーと下腿の骨格・筋腱の形態との関係について述べられています。

身体計測と筋・腱の形態測定の結果、ホッピング時と走運動時の神経活動と筋・腱動態に関する結果が示されているので一読ください。


木村敏は、従来の症候論的な疾病分類では捉えることが困難な症例が多く存在し、個別的臨床症状や状態像のみからでは病像を動かしている根本構造を判断することができないと指摘し、神経症から精神病に至る状態像水準の区別を超えた成因論的共通性を有する基本構造への視点による質的な区別の必要性を提唱しています。一読ください。


19世紀後半に確立された日本の近代教育システムと同時期に構築された保育システムを比較し、日本の近代保育システムの特徴が分析され記されています。

分析には、日本の教育の近代性を研究した教育社会学者、森重雄の理論が用いられています。この論文は、近代日本の保育におけるミクロパワーのダイナミクスを明らかにすることを試みています。

また、保育空間の特異性と近代の終焉について論じており、特にフーコーの権力論を保育空間に適用し、近代教育システム内での保育の役割とその不安定性を明らかにしています。一読ください。


本研究は、「ゆるシステム・トレーニング」と呼ばれる心身をリラックスさせ、深層筋を活用するトレーニング方法が、バスケットボール選手のパフォーマンスにどのように影響を与えるかを検討しています。

特に、体幹部の運動能力の向上、ドリブルの左右フェイク、ジャンプ・ショット、フラッシュ・チェック、シール・プレイ、ラテラル・パスといった具体的なバスケットボールの技術向上に着目した形で記されています。

トレーニングにより、体幹部の運動能力、体軸の形成、重みのある身体作り、身体接触での安定性、肩甲骨の運動能力などが向上したと記されています。参考になる部分があるので一読ください。


20世紀後半に活動した日本の教育者、斎藤喜博の教育論と、それが現代社会において持つ意義について考察されています。

斎藤の教育論を学校教育に再導入することの必要性を強調しつつ、その実現のためには生徒たちが現在の「優しい関係」から一歩踏み出し、<対話>を受け入れるよう導くことが先決であると指摘されており、これには、<対話>の重要性を理解することから始めるべきだと述べられています。参考までに一読ください。

https://core.ac.uk/reader/228437050


この文書は、日本の学校教育制度の歴史を概観するものです。

江戸時代の教育から始まり、明治時代の近代教育制度の創立、大正時代、昭和時代を経て、現代に至るまでの教育政策の変遷が詳述されています。一読ください。


カントの哲学における「共通感覚」と狂気の関係を探求しています。カントは、「共通感覚の欠如」を狂気の普遍的な特徴と見なし、この視点から狂気を理解しようと試みました。

狂気を理解する上での「共通感覚」の役割は、哲学と精神医学の歴史を通じて議論されてきており、特にカントの哲学は、狂気を共通感覚の欠如として捉えることにより、狂気の本質を新たな視点から考察しています。

カントの理論は、狂気の全体像を捉えるためには限界があり、実際の精神障害の複雑性を完全に説明することはできないと思われますが、面白いと思うので一読ください。


斎藤喜博は、教育を通じて子どもたちの能力を最大限に発展させ、人間的な喜びを追求することを目指した教師です。特に教室内での「ゆさぶり」を通じて、子どもたちの無限の可能性を引き出すことに重点を置いていました。

すべての教育現場や文脈で同様に有効であるとは限らないと思われます。また、個々の教師の解釈や応用によって結果が大きく異なる可能性もあると思いますが、斎藤の教育論は、現代教育においても有用であり、教師が生徒の可能性を最大限に引き出し、教育の質を向上させるための新たな視点を提供することができる1つの方法だと感じます。一読ください。


現代日本人の姿勢の悪さとその影響について様々な観点から検討し、身体を用いる営みの基盤である基本姿勢の崩れが、集中力や行為の効果を減退させること、さらには健康を害する可能性があることを指摘され記されています。

「腰」の重視から「へたり腰」への変化、そして「丹田」意識の喪失といった現代日本人の基本姿勢と中心感覚の変化が確認された内容が記されており、これらの変化は、情報化時代の生活様式や身体使用の変化によるものと考えられます。一読ください。


「二宮尊徳に学ぶ 災害多発時代を生き抜く知恵と力」というタイトルの文書で、二宮尊徳の生涯、思想、そしてその思想が現代社会、特に災害が多発する現代にどのように適用され得るかについて考察されています。

二宮尊徳は、自然災害や社会的困難に直面した時代に、地域社会の再生と経済的自立を促進する独自の思想と方法を実践しました。この文書はその思想を詳細に解説し、彼の教えがいかにして現代においても有効であるかを論じています。一読ください。


この研究は、日本における義務教育概念の変遷、義務教育無償制の成立と展開、義務教育無償範囲の拡張、義務教育の無償範囲に関する論争、そして中国と日本の義務教育の比較を扱っています。

特に、日本の義務教育の無償性原則に焦点を当て、歴史的背景から現代に至るまでの発展と変化、さらには国際的な文脈での比較を通じて、義務教育の意義と課題を深く掘り下げて記されているので一度、一読ください。


この研究では、特殊なT型溝を持つシューズが歩行動作に与える影響について調査されています。T型溝付きシューズは、従来のシューズと比較して、歩行時の骨や関節の動きをスムーズにし、体のバランスを向上させる可能性があるとされています。

T型溝付きシューズは、靴底に特殊なT型の溝が彫られており、この溝が歩行時の体の動きやバランスに良い影響を与えると考えられています。

T型溝付きシューズを着用した場合、歩きやすさを報告した被験者が多く、歩行速度の変動が少なく効率的な歩行が可能であることが示されています。

T型溝付きシューズは、特に歩行のバランスや効率性を改善したい人々にとって有用な選択肢となる可能性があります。一読ください。


フレネ教育法を中心に、子どもたちの描画活動における自主性の重要性と、教師の指導方法がどのように影響を与えるかを探求しています。

内容は、子どもたちが自分の経験や興味に基づいて表現することの価値、そして教育者がこのプロセスをどのようにサポートし、促進するかに焦点が当てられています。一読ください。


幼稚園教育要領の改訂に伴い、非認知能力の育成が強調されています。モンテッソーリ教育が、これらの能力の育成において有効である1つの方法として示唆されています。一読ください。


日本におけるシュタイナー教育の動向と普及に力を注いできた要因が分析されています。

シュタイナー教育は、約90年以上の実績があり、世界各国に広がるなど、国内でも注目されています。この教育は、ドイツに端を発した人智学に基づく教育方法であり、公教育とは異なる独特のアプローチを取ります。

シュタイナー教育と公教育との関係や今後の展望についても論じているので一読ください。


現代の情報通信技術の発展により、直接的なコミュニケーションが減少し、それが子どもたちの自己肯定感や幸福感に影響を与えています。

一方、オランダのイエナプラン教育は、異年齢間のコミュニケーションを促進し、子どもたちの道徳的価値観や社会性を高めることに成功しています。参考になる所があります。一読ください。


この論文は、主体的な学びがどのように成立するか、またそのために必要な条件を探求しています。特に、教育システム内で学習者が積極的に学ぶためのレベルを3つに分け、それぞれのレベルで必要な条件が明らかになっています。一読ください。


a

a

a

a

a

a